ですから教える側も教える時には、ここだけは外してはいけない、他のところは多少チャラチャラやっても構わないけれど、ここは外してはいけないという、そこを教えてやることです。