嬉しくなければならない。「うれしい新聞」にある記事のようなことが毎日あれば、嬉しいと思います。