自慢話は悲しみではないと思うかもしれませんが、自慢話をするということは、自慢話を聞いてくれる人がいないという悲しみがあるのです。