調達の仕方が頼る方向、足りないから借りてくる、もっと貰うとなってくると、自分の経営はこの範囲の中でやらなければならないのに、はみ出してやることになります。