土下座をして、とにかく一番最低のところからお詫びをすることです。それをやってもダメだったら、これはそれということです。