モノはモノとして売れたら役割が終わりなのではなくて、人のこころと人のこころ、おもいとおもいをつなぐこと、それがモノというものの役割です。