そしてそれを食べる人がいます。食べておいしいと思うこと、作る方もおいしいモノを作ったと思っていますから、作った人の思いと食べた人の思いと、中を取り持った人の思いが一つになることが天意に沿うということです。