これを買ってしまうとあっちが買えないしとか、今は必要ないしとか、ほんとにこれは良いものなんだろうかとか、少し離れてその商品を見ることになります。これを避けるために、その商品になりきってMAOするのです。