これはいかにも「余る」と見えますが、やはり「ちょうどある」なのです。自分の中では、これはあった方がいいと思うことはちょうどある、になってくるのです。