別に何かに未練があるわけではありませんでしたが、そんなふうに思い始めた時に、段ボール箱に仕舞ってしまった講師の先生方の本の内容について思い出すのです。あの先生はこういうふうに言っていたなぁ、と。おそらくこの本の中に答があるはずだと、ノートを買ってきてノートを開いて、その本の中から自分が生まれてきたと思われる目的に合致しそうな言葉を書き出すことにしたのです。