そんな日常が始まって、「7月10日まで、はて、何をしようか」とずっと考えていたのですが、時間があるということは同時に余計なことも考えてしまうもので、「死ぬのはいい、でも何でこんな中途半端な時なんだろう」と思い始めるのです。

すると、「私は何のために生まれてきたのだろう」と考え始めて、「このために生まれてきたのだろうか、あのためだったのだろうか」と考えをめぐらします。「まぁいいや、こうやって思い切り仕事ができたじゃないか」とまとめようとします。「いろんな人と出会ったからいいじゃないか」とも思います。

しかし何をどう考えてもどこかがしっくりこない、待てよ、これはちょっと本気で、何のために生まれてきたのかを考えなくちゃ、よく分かったうえでないと後悔が残る、このままでは納得してあの世に行くことはできない、と思い始めたのです。