暦の盤には、年盤、月盤、それから日盤、時間盤の四つの盤がありますが、それがちょうど午後11時になったとき(午後11時というのは、一日が終わるその時というのは見ているうちにわかりました)、盤が替わって、「五」という数字が、東西南北、四方向に散らばることに気が付いたのです。私は五黄土性の生まれですから、意味はわからないままに「五」という数字を追いかけていたのです。