(21)達弥西心のわかりやすい話「開業」

達弥西心のわかりやすい話「開業」

●かわたれ   私は人に喜びを与えるために生まれてきた(8/23) - HMU 達弥西心

ところが、「うん?」と首をひねるたびに、自分の右腕のひじと手首の間の筋肉が痛むのです。腕を前に出して机の上で曲げたままノートを開いて一つ一つ自問自答していました。すると、「うん?」と首をひねるたびに右腕の前部の筋肉が痛くなるということに気付いたのです。

●かわたれ   私は人に喜びを与えるために生まれてきた(7/23) - HMU 達弥西心

それで、「私は○○○○するために生まれてきた」は、すべて「うん?」だったのです。首をひねったのです。講師の先生方の話を聞いているとき、あれだけああそうだな、そうだよねとうなずいたはずのことにも、たとえばいろんな人に出会って人脈をつくるんだとか令状のはがきをかくんだとか、いろいろな先生方がいて、それもそうだなと思っていたのですが、それらを片っ端から三回ずつやってみても、「うん!」とどうしてもうなずけないのです。その先生にとっては重要だったのでしょうが私にはどうしても違うなぁと思ってしまって、全部「うん?」「うん?」とやっているうちに、その全部が違うということになってしまいました。

●かわたれ   私は人に喜びを与えるために生まれてきた(6/23) - HMU 達弥西心

それは、ずっと前から私が独自にやっていた方法で、現在のMAOの原型なのですが、「私は○○○○するために生まれてきた」、たとえば「私は財産を築くために生まれてきた、私は財産を築くために生まれてきた、私は財産を築くために生まれてきた」というふうに三回繰り返して、最後に「うん!」とか、「うん?」と首をひねるか、これであっさり決めるという単純なものです。私は経営に関する重要な案件も、すべてこの方法で、自分ひとりで決めてきました。

●かわたれ   私は人に喜びを与えるために生まれてきた(5/23) - HMU 達弥西心

あの先生はこう言っていたなぁとか、こんなことを読んだなぁと、いろいろなことを思い出しながら次々に書き連ねていきました。家族をもつためとか仕事をするためとかあの人に出会うためとか、とにかくいろんなことを書きました。それをひとつひとつ、○○○○の中にあてはめて、「私は○○○○するために生まれてきた」という文章を三回繰り返し声に出して読むのです。

●かわたれ   私は人に喜びを与えるために生まれてきた(4/23) - HMU 達弥西心

今まで何をしたか、それが良かったか悪かったか、そんなことはどうだっていい、ただ、何のために生まれてきたかそれだけはわかっておこうと思ったのです。ノートに「私は○○○○するために生まれてきた」という文章を書いて、この○○○○するためにという中に入る言葉が見つかればもういいということにして、これにはまる言葉を思いつくままに一つ一つ書き始めたのです。

●かわたれ   私は人に喜びを与えるために生まれてきた(3/23) - HMU 達弥西心

同時に、いろんなことを知りたくて聞きかじっていた、やりかじっていた瞑想だとか呼吸法だとかを思い出しながらやってみました。目をつぶれば描けるとか耳を澄ませば聞こえるとか、習ったことを改めてやってみましたが全部うまくいきません。

いろんなことを分かりたいとあれこれ思ったのですが、結局のところ私は何をするために生まれてきたのか、私は何のために生まれてきたかだけが分かればいい、それだけでもういいと思うようになりました。

●かわたれ   私は人に喜びを与えるために生まれてきた(2/23) - HMU 達弥西心

別に何かに未練があるわけではありませんでしたが、そんなふうに思い始めた時に、段ボール箱に仕舞ってしまった講師の先生方の本の内容について思い出すのです。あの先生はこういうふうに言っていたなぁ、と。おそらくこの本の中に答があるはずだと、ノートを買ってきてノートを開いて、その本の中から自分が生まれてきたと思われる目的に合致しそうな言葉を書き出すことにしたのです。

●かわたれ   私は人に喜びを与えるために生まれてきた(1/23) - HMU 達弥西心

そんな日常が始まって、「7月10日まで、はて、何をしようか」とずっと考えていたのですが、時間があるということは同時に余計なことも考えてしまうもので、「死ぬのはいい、でも何でこんな中途半端な時なんだろう」と思い始めるのです。

すると、「私は何のために生まれてきたのだろう」と考え始めて、「このために生まれてきたのだろうか、あのためだったのだろうか」と考えをめぐらします。「まぁいいや、こうやって思い切り仕事ができたじゃないか」とまとめようとします。「いろんな人と出会ったからいいじゃないか」とも思います。

しかし何をどう考えてもどこかがしっくりこない、待てよ、これはちょっと本気で、何のために生まれてきたのかを考えなくちゃ、よく分かったうえでないと後悔が残る、このままでは納得してあの世に行くことはできない、と思い始めたのです。

●かわたれ  会社を辞める(3/3) - HMU 達弥西心

そんな感じで、一日中机についていても本当に暇なのです。「本当に私はいなくなるんだなぁ、いなくなってもいいんだなぁ」と自分の姿を状景のなかに見ながら、ぼんやりと思いました。

なんにもすることがなくなって思うのは、「死んでもいい、やるだけのことはやったし、いなくなってもいい、会社も何とか回っていく、別に私はいらないよね」という納得でした。それこそ「壊れたグラスは捨てられるのだから、役割を終った私も退陣するのがいい」と思っていました。

●かわたれ  会社を辞める(2/3) - HMU 達弥西心

しかし今度は本当に私がいなくなるのですから、実際に譲らなければいけません。さっそく朝礼で話を出しました、「今日はもういいですから、私に決裁いりませんから、今後は一切必要ありませんので、みなさんで処理してください」と伝えました。「4月末には会社にも出てこなくなるし、7月には退陣しようと、引退しようと思います」と告げました。

社員は一様に戸惑った様子でしたが、結局「わかりました」ということでした。

しかし何だかんだと電話がかかってくるのです。「あ、社長ですか」と言っているので、「あ、私に回してくるかも知れない」と思ったのですが、まったく来ません。「なあんだ、私がいなくてもちゃんとできるじゃないか」とほっとした反面、さびしい気持ちにもなりました。
記事検索

自動相互リンク buzzlink
達弥西心のわかりやすい話

PC向けサイト
達弥西心のわかりやすい話「決断」
達弥西心のわかりやすい話「後継」
達弥西心のわかりやすい話「自分と会話する法」
達弥西心のわかりやすい話「経営」
達弥西心のわかりやすい話「時流」
達弥西心のわかりやすい話「不動産」
達弥西心のわかりやすい話「見極め」
達弥西心のわかりやすい話「組織」
達弥西心のわかりやすい話「育児」
達弥西心のわかりやすい話「別れ」
達弥西心のわかりやすい話「恋愛」
達弥西心のわかりやすい話「結婚」
達弥西心のわかりやすい話「あこがれ」
達弥西心のわかりやすい話「食」
達弥西心のわかりやすい話「足りないもの」
達弥西心のわかりやすい話「セールス」
達弥西心のわかりやすい話「おすすめ図書」
達弥西心のわかりやすい話「テレビで観た人」
達弥西心のわかりやすい話「美味しい話」
達弥西心のわかりやすい話「うた・唄」
達弥西心のわかりやすい話「開業」
達弥西心の宇宙気学
達弥西心のHMU
達弥西心のMAO
達弥西心の“Put~置いとくよ。”

携帯電話向けサイト
達弥西心のわかりやすい話「決断」
達弥西心のわかりやすい話「後継」
達弥西心のわかりやすい話「自分と会話する法」
達弥西心のわかりやすい話「経営」
達弥西心のわかりやすい話「時流」
達弥西心のわかりやすい話「不動産」
達弥西心のわかりやすい話「見極め」
達弥西心のわかりやすい話「組織」
達弥西心のわかりやすい話「育児」
達弥西心のわかりやすい話「別れ」
達弥西心のわかりやすい話「恋愛」
達弥西心のわかりやすい話「結婚」
達弥西心のわかりやすい話「あこがれ」
達弥西心のわかりやすい話「食」
達弥西心のわかりやすい話「足りないもの」
達弥西心のわかりやすい話「セールス」
達弥西心のわかりやすい話「おすすめ図書」
達弥西心のわかりやすい話「テレビで観た人」
達弥西心のわかりやすい話「美味しい話」
達弥西心のわかりやすい話「うた・唄」
達弥西心のわかりやすい話「開業」
達弥西心の宇宙気学
達弥西心のHMU
達弥西心のMAO
達弥西心の“Put~置いとくよ。”

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ